試験研究所紹介


テイスト・モディファイアの組立・品質管理を全て自社で行っています。
また、製品の開発・研究に当たり下記のような検査を行っております。

GSK株式会社 試験研究室 KFシリーズの品質チェック
GSK株式会社 試験研究室 KFシリースの部品をガス溶接し、組立作業中
検査項目:
オゾン濃度測定、
4方向の風量・風速測定、
機械の騒音、
電磁弁の切り替え
(下限19℃、上限23℃の自動切換え)を表示
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
オゾン濃度測定
騒音測定
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
上が、オゾン濃度計 下が、温湿度計
風量測定
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
アジ:一般細菌数のスタンプ検査
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
KFシリーズで乾燥テスト
菌の培養庫
ソフト干物アジの塩分濃度測定
GSK株式会社 試験研究室

   KFシリーズの各種検査実施内容   
 
① 2009年11月27日 KF58各種データ(魚無し)
② 2010年1月25日 MRIでソフト干物の水分子の分布を測定
③ 2010年6月21日 ソフト干物の各部位の塩分濃度測定
④ 2011年1月21日 ソフト干物を焼いた時の各部位の温度変化測定
⑤ 2011年1月21日 KF1000各種データ(魚50枚使用)
(各種データとは、庫内温度と湿度及びオゾン濃度、KF機の騒音と魚の乾きムラの有無測定)
※以上、①~⑤の測定は摂南大学の薬学部 公衆衛生学研究室 及び 理工学部 生命科学科 公衆衛生学研究室によるもの。
⑥ 2011年2月8日 一般細菌数及び水分量の測定 (日本食品分析センターへ依頼し結果報告に基づく)
⑦ 2011年6月22日 KF2000各種データ(魚20枚使用)
その他、摂南大学にて細菌検査の殺菌に効果的データが示されました。
又、栄養面(遊離グルタミン酸)の分析を依頼し、一般の干物と比べてもソフト干物の値が高いことも確認出来ました。
 
 
 

GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室
GSK株式会社 試験研究室

技術紹介

GSK株式会社 結合水と自由水
※上図 文部科学省 水産科資料より抜粋


世界中にある食品の原料には必ず水分が含まれている。
食品中の水分は存在形態や性質によって結合水と自由水に分けられる。
結合水… 食品の成分であるタンパク質や炭水化物と強く結合した水。
自由水… 環境や温度湿度の変化で容易に移動や蒸発がおこる水。微生物が繁殖に利用できる水。
この結合水と自由水の割合を水分活性値という。
そこで、加工食品を製造する過程において、原料に多く含まれている水分を適正な水分活性値に仕上げる作業が必要である。
しかし、現在流通している加工食品において、本当に適正な水分活性値に仕上がっている物がどれくらい存在しているのだろうか?
また、近年、「熟成」という言葉がもてはやされているが、熟成とは腐敗を伴うものであり、熟成事態が全て安全というわけではない。
しかし、当社では最先端のオゾン技術を駆使することで、食品を効率よく安全に適正な水分活性値に仕上げることで食品の鮮度をコントロールし、劣化させずに熟成、すなわち「鮮熟」させる事を実現した。


GSK株式会社 結合水と自由水
※上図 文部科学省 水産科資料より抜粋


GSK株式会社 結合水と自由水
※上図 文部科学省 水産科資料より抜粋

▲このページの上へ

逆引き辞典

海ほおずき
〒517-0404 三重県志摩市浜島町浜島465-14
結合水
食品の成分であるタンパク質や炭水化物と強く結合した水のこと。
自由水
環境や温度湿度の変化で容易に移動や蒸発がおこる水。微生物が繁殖に利用できる水のこと。
水分活性
物に含まれる自由水の量のこと。
KFシリーズ
特殊冷風乾燥機/Taste Modifier
GSK株式会社
詳細は会社案内ページ参照

▲このページの上へ